ビジネス書評 偏毒のお勧め

生き方
経営全般
起業・成功哲学
環境問題
政治・経済・株式
文学(SF等)・マンガ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アレキサンダーの一生。。。。何を得たのでしょうか?
2006 / 01 / 24 ( Tue )
アレキサンダー
お勧め度 ★★☆☆☆(どちらかというとお勧めしません。)

監督:オリバー・ストーン、主役:コリン・ファレル、アレキサンダーの母親役:アンジェリーナ・ジョリー、制作費:200億円という気合の大変入った作品でしたが。。。。
余談ですが、コリン・ファレルってカッコよくはありませんね^^;

<内容>
紀元前356年、マケドニア(現在のギリシャ)の王の息子として生まれ、20歳で王に即位。32歳で急死するまで東方へ侵攻し続けたアレキサンダーの壮絶な生涯を描いてあります。
アレキサンダーの幼少時期から即位、当方遠征、結婚、友の死、そして32歳で自身が死ぬまでが描かれております。

<感想>
面白くありませんでした。後半の方は、ながいな~、早く終わらないかな~とずーと考えながら観ておりました。^^;
本当に長いです。

大規模戦闘シーンも2,3あるのですが、ぜんぜん面白くないです。製作者達はもりあげようとしているなーと思われるシーンはありましたが、私的にはどこにも盛り上がるシーンがなく、淡々と戦闘が進みます。
戦闘シーンは全然面白くないです。
それに、アレクサンダー大王の生涯を描くのに戦闘シーンが2,3しかないというのはちょっとはしょりすぎなような気がしました。
そもそも、アレクサンダー大王の東方遠征12年を一つの映画にしようとしたのが間違いだったような気がします。

しかし、この映画でひとつだけ考えさせられた事があります。
それは、東方遠征の最後の方で、部下達がアレキサンダーの方針についていけなくなり、言い争いになります。言い争いの中で側近の一人をアレキサンダーが殺したり、「息子や妻に会いたい、帰りたい」という部下をアレキサンダーがけなしたりするようになります。
東方遠征が進めば進むほど、アレキサンダーと側近やマケドニアからずーとついて来てくれた兵士達との間に溝が出来ていきます。
最後に本心からアレキサンダーを慕う人間は、最愛の親友ヘファイスティオンと美形の小姓だけになります。ほかの側近・部下達はアレキサンダーに殺されるのが怖いから従うだけとなります。
もし、これが本当だったならば、アレキサンダーは何を得たのだろうか?領土の拡大や名声ってそんなに大事なのかな???
なんていった事を考えさせられました。
それにアレキサンダー自身も最後まで心が休まる事がなく、自分の心の休まるであろう新天地を夢見て遠征を繰り返そうとします。そして心が休まる事もなく、満たされる事もなく死んでいきます。
なんかアレキサンダーがかわいそうな人に思える作品でした。


この「アレキサンダー」に興味がある方はこちらから

ランキングへのご協力お願いいたします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


豪華賞品が7333名様に当たる!
只今、無料体感キャンペーンも実施中です。

おうちにレンタルビデオショップがやってくる!? 見たい映画を今すぐお取り寄せ!!
面度な設定や接続は一切必要ありません。 貸し出し中も・延滞金もありません。
見たいときに見たい作品を見よう。新しいレンタルビデオスタイル!!



♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
国際弁護士
2006 / 01 / 20 ( Fri )
国境なき弁護士たち
著者:矢部正秋
お勧め度 ★★★☆☆(時間があったら読むといいかも^^)

著者は、傘下に2,500人の弁護士を擁する国際弁護士ネットワーク(ILN)のアジア・太平洋地域代表理事の国際弁護士です。
内容は、著者自身が実際に見聞した事を元に描かれているそうです。
この本を読むとまず、感じるのは、やはり人工商売(1時間1人いくらとか、1ヶ月1人いくらといった商売)は、厳しいなーという事でした。僕には合わないと思いました。
特に著者の日常は時間や仕事に追われているようで、ストレスが貯まるだろうなーと思ってしまいました。
国際弁護士という名前の響きはとても良いのですが。。。。大変そうです。
契約書についての注意点等が書かれているところもありましたが、ほとんど知っている事だったので僕には必要なかったです。^^;
でも、小説として読む分には面白かったです。
国際弁護士の業務概要をお知りになりたい方にはお勧めです。


この「国境なき弁護士たち」に興味がある方はこちらから

ランキングへのご協力お願いいたします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
文学(SF等含)・マンガ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ホームページマーケティング
2006 / 01 / 17 ( Tue )
「ホームページ集客」を利益に変える 成功方程式
著者:細木康裕、里吉克仁
お勧め度 ★★★☆☆(時間があったら読むといいかも^^)

著者は、NTTデータキュビット代表取締役社長(細木康裕)とネットショップのコンサルティングとショップオーナー向けのセミナー講師が得意分野の方(里吉克仁)です。

<内容>
集客だけでなく、商品開発・発掘なども含めた財務と組織以外の経営について書かれた本です。
この本は、成功店の最大公約数を取り入れるのが成功への近道だと言っております。

・1章では、「売れる商品のリサーチの仕方」、「ネットショップ運営の強みと弱みをどうするのか?」や「無料の広告にはどういうのがあるのか?」といったネットショップ運営の全般的な基本事項が書かれております。
・2章では8店の成功店の成功秘訣とノウハウを紹介しております。
そして、
・3章では「どうやって売れる商品を見つけるのか?そして、商品価格のバリエーションの設定」等の商品戦略を紹介し、
・4章で「PPC広告」、「SEO」、「バナー」、「メルマガ」といった集客方法を紹介しております。
さらに、
・5章で「顧客の囲い込み」、6章で「HPに来たお客を逃がさない方法」などの接客に関する事が紹介されています。

<書評>
本書は、ネットショップ運営の全般的な事が書かれており、ネットショップをこれから始める人や通信販売業をいままでにした事が無い人にとっては、一通り読む事によって、どういう点に注意しなければいけないのか?という事がわかります。
しかし、全部をカバーしているため、それぞれの項目については随分と大雑把なような気がします。しかし、たま~に「初歩的なミスを犯さないため、私用と事業用でメーラーを分ける」といったような細かい注意点にまで言及しているので、結構ためになる本だと思います。私にとっては、「Yahoo! JAPAN」以外のディレクトリ登録サービスがある事を知ったので、この本は役にたちました。
ネットショップをこれからはじめようという方や、初心にかえってみようと思う方には良い本だと思います。


この「ホームページ集客を利益に変える 成功方程式」に興味がある方はこちらから

●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
ホームページ集客を利益に変える成功方程式


ランキングへのご協力お願いいたします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
マーケティング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
リクルートの人材教育???
2006 / 01 / 15 ( Sun )
なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか
著者:野田荘一
お勧め度 ★★☆☆☆(どちらかというとお勧めしません。)

著者は、元株式会社リクルートフロムエーのトップ営業マンだった方です。

<内容>
・第1章 「鬼軍曹」にとっては、数字がすべてだった
 著者がこの本を書いたきっかけや、リクルートフロムエーに就職する前、就職した後について説明
・第2章 若手社員育成のコツは、短期に「結果」を見せ続けること
 若手社員を育てる上で注意する事について説明
・第3章 リーダーの言動一致こそが、最強の育成方法
 若手社員育成上での落とし穴の回避方法やコミュニケーション上の注意点について説明

<書評>
書名が「なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか」と書いてあったので、リクルート全体の人材採用・育成方法とその特徴について書いてあるのかな?と思ったのですが、内容は著者の若手育成経験と著者の若手育成方法について書かれているだけでした。
なので、当初期待していた内容とは違ったので、リクルート全体の人材採用・育成方法とその特徴を知りたい方にとってはお勧めではないです。
しかし、一人の優秀な方の人材育成方法を知りたいという方には少しお勧めです。
たとえば、育成する側が注意しないといけない点として「あなた自身が分かっていても、若手には分からない」、「あなた自身が育った次代より、複雑かつ大変」、「『いつでも対応するよ』という姿勢」など、実際に考えて人を育てた方でないと分からない気づきが書いてあります。
この本にひとつだけつけ足したいなーと思った事があります。
それは、育てる人と接する際に「人はどんな人でも自分の実力を20%位過信してしまう。過去の出来事ならなお更です。なので、自分がこの位の歳の時にはこんな事は出来ていたという誤った驕りを無くして接する必要がある(本当は自分も出来ていなかったはずです^^;)」という事です。
この驕りがあると、「なんでお前はこんな事ができないんだ」と心のどこかで思ってしまうと思います。そして、この驕りが心の壁を少しだけ築いてしまうと思います。なので、付け足したいです^^。


この「なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか」に興味がある方はこちらから

●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか


ランキングへの投票お願いします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ビジネススキル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
日本映画サイコーです。
2006 / 01 / 13 ( Fri )
フライ,ダディ,フライ
お勧め度 ★★★★★(是非、是非観てください。^^)

岡田准一, 堤真一が主演の日本映画です。

「GO」の金城一紀が原作・脚本を担当です。堤真一が演じる中年エリートサラリーマンの鈴木が、娘に大ケガをさせた男に復讐するため、岡田准一演じる高校生、スンシンからケンカを習うという物語です。やがて鈴木とスンシンには、年齢を超えた友情というか、父子みたいな友情が育まれていきます。

この映画、最初はまったく期待しておりませんでした。たんなる暇つぶしのために観たのですが、観てビックリ

「アメリカの映画なんてクソだー。最近の日本映画はサイコーだーーーー!!!」

と思う位面白かったですし、大きなメッセージがありました。(最近のアメリカ映画は単なる娯楽作品でしかないですね^^;内容無いよ。ストーリー全部同じだよ。。。)

中年サラリーマンが自分にとって本当に一番大切な物を取り戻していく姿なんて、スポコン版「Shall We ダンス?」に思えました。^^

スンシンに喧嘩を習うようになってから、鈴木が毎晩、最寄の駅から自宅近くのバス停までバスと競争します。最初はてんでん敵わないのですが、最後に勝った時など、バスの常連客から拍手喝采を受けるシーンがあるのですが、そこを観ていて思いました。
「僕は走る側に立とうと(青いですかね^^;)」

最後の決闘シーンは少し簡単すぎて、あれ?それで終わっちゃうの???と思いましたが、とっても良い映画でした。
「フライ,ダディ,フライ」最高です。
是非、是非観てください。


最後に、
この映画の悪役(石原)を須藤元気さんが演じております。以前、あるセミナーで須藤元気さんとお会いしましたが、実際の元気さんは、石原とは正反対のインテリで思慮深く優しげな雰囲気を持つ方に見えました。


この「フライ,ダディ,フライ」にご興味のある方はこちら

ランキングへの投票お願いします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


豪華賞品が7333名様に当たる!
只今、無料体感キャンペーンも実施中です。

おうちにレンタルビデオショップがやってくる!? 見たい映画を今すぐお取り寄せ!!
面度な設定や接続は一切必要ありません。 貸し出し中も・延滞金もありません。
見たいときに見たい作品を見よう。新しいレンタルビデオスタイル!!



♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
成功者の告白
2006 / 01 / 09 ( Mon )
成功者の告白
著者:神田昌典
お勧め度 ★★★★★(是非、是非読んでください。^^)

今ではとても有名な実践マーケッター神田昌典氏の本です。

小説風に起業からある程度の成功、そしてその先についてまで書かれた本だという事でしたので、読みました。
起業を志す人、起業したばかりの人、立ち上がって間もない会社に勤めている人にとっては一度は読んでおくと良い本だと思います。
著者も文中に書いいますが、起業してある程度軌道に乗るまでについて書かれた本はいくつもあるが、その後の落とし穴について書かれているのを読んだのは初めてでした。
これから起業しようという方にはお勧めです。

このマインドマップはありません。スミマセン^^


この「成功者の告白」に興味がある方はこちらから

ランキングへの投票お願いします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
経営全般 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。