ビジネス書評 偏毒のお勧め

生き方
経営全般
起業・成功哲学
環境問題
政治・経済・株式
文学(SF等)・マンガ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
リクルートの人材教育???
2006 / 01 / 15 ( Sun )
なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか
著者:野田荘一
お勧め度 ★★☆☆☆(どちらかというとお勧めしません。)

著者は、元株式会社リクルートフロムエーのトップ営業マンだった方です。

<内容>
・第1章 「鬼軍曹」にとっては、数字がすべてだった
 著者がこの本を書いたきっかけや、リクルートフロムエーに就職する前、就職した後について説明
・第2章 若手社員育成のコツは、短期に「結果」を見せ続けること
 若手社員を育てる上で注意する事について説明
・第3章 リーダーの言動一致こそが、最強の育成方法
 若手社員育成上での落とし穴の回避方法やコミュニケーション上の注意点について説明

<書評>
書名が「なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか」と書いてあったので、リクルート全体の人材採用・育成方法とその特徴について書いてあるのかな?と思ったのですが、内容は著者の若手育成経験と著者の若手育成方法について書かれているだけでした。
なので、当初期待していた内容とは違ったので、リクルート全体の人材採用・育成方法とその特徴を知りたい方にとってはお勧めではないです。
しかし、一人の優秀な方の人材育成方法を知りたいという方には少しお勧めです。
たとえば、育成する側が注意しないといけない点として「あなた自身が分かっていても、若手には分からない」、「あなた自身が育った次代より、複雑かつ大変」、「『いつでも対応するよ』という姿勢」など、実際に考えて人を育てた方でないと分からない気づきが書いてあります。
この本にひとつだけつけ足したいなーと思った事があります。
それは、育てる人と接する際に「人はどんな人でも自分の実力を20%位過信してしまう。過去の出来事ならなお更です。なので、自分がこの位の歳の時にはこんな事は出来ていたという誤った驕りを無くして接する必要がある(本当は自分も出来ていなかったはずです^^;)」という事です。
この驕りがあると、「なんでお前はこんな事ができないんだ」と心のどこかで思ってしまうと思います。そして、この驕りが心の壁を少しだけ築いてしまうと思います。なので、付け足したいです^^。


この「なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか」に興味がある方はこちらから

●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
なぜリクルートは強い人材を輩出できるのか


ランキングへの投票お願いします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
スポンサーサイト
ビジネススキル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ホームページマーケティング | ホーム | 日本映画サイコーです。>>
コメント
--部下はいないけど--

題名とは微妙にズレてるから、★二つなんですね。納得。
私も、リクルート全体の人材育成についてのほうに興味あります。
でも、普通に部下をどう育てるか、という本としては、面白そうですね。
個々人の部下の育て方が、ひいてはリクルート全体の人材育成につながるのかも?

>自分がこの位の歳の時にはこんな事は出来ていたという誤った驕り

↑あるある・・・。
「今の若いモンは・・・」っていうのと同じですね。
ちょっと自分を反省しておきます。
by: wing@成功本&ノウハウ * 2006/01/15 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

てつさん、こんばんは。

私のマインドマップは、ただ書き込んでいる量が多いだけで、
マップとして完成度が高いわけではないですよ(笑)。

個人的には私はてつさんのマップの方が好きですけどねー(笑)。

ただ、自分の記事でも書いたように、セミナーは手書きでやりますが、
今後書評は全部ソフトでやるつもりデス・・・。
by: smooth@マインドマップでビジネス書評 * 2006/01/15 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hendoku.blog9.fc2.com/tb.php/159-76ba4263
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。