ビジネス書評 偏毒のお勧め

生き方
経営全般
起業・成功哲学
環境問題
政治・経済・株式
文学(SF等)・マンガ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
影響力の武器
2006 / 02 / 08 ( Wed )
影響力の武器 -なぜ、人は動かされるのか-
著者:ロバート・B・チャルディーニ
お勧め度 ★★★★★(是非、是非読んでください。^^)

10年以上も前に書かれた社会心理学の本です。
しかし、マーケティングに使える情報が一杯つまっています。逆に消費者として不必要な物を購入せずに済む方法もわかります。

すごーくためになる本でした。
人間がどういうルールの基で物事を判断するのか、そしてどういう手法が人に影響力を与えるのか、それは何故か、という事を実例と著者

の実験結果から導きだしております。
営業関連の本にこういった心理学を利用しましょう^^
みたいな事が良くかかれていますが、それをもっと詳しく、理論的に書かれているのがこの本です。
是非、是非、一度読んでみてください。特にマーケティング・営業関連の仕事の方にはお勧めです。


この「影響力の武器」に興味がある方はこちらから

●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
影響力の武器


ランキングへのご協力お願いいたします^^

お気軽に、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
スポンサーサイト
マーケティング | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<SEOを超える^^ | ホーム | すごく面白いカンフー映画「カンフーハッスル」!>>
コメント
--まだ読んでない・・・。--

てつさん、
いつもありがとうございます。

この本!
「成功読書術」土井英司著
で、紹介されていて、ぜひ読もう!
と買ったところまではいいんですが、途中で放り出し状態になってました。

目次を見ただけでも、すごく、すごく参考になる、と思ったんですが、全部読みきれてません。

あらためて、読まなくちゃ!ですね。

これはホントに武器になる、ようですから。
by: wing@成功本&ノウハウ * 2006/02/08 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

てつさん、こんばんは!

スイマセン、先日の本、画像が紛らわしかったですか(笑)?

色々な人に「似てる」と言われているワタクシ、キャラ立つのもいいのか悪いのか(汗)。

さて、この本。

まぁなんといいますか、とりあえずスゴイですよね。

一度どこかで書いたんですけど、渋谷の本屋さんで、神田さんの本とかと一緒に平積みになってたのには笑いましたが(笑)。
by: smooth@マインドマップでビジネス書評 * 2006/02/09 18:24 * URL [ 編集] | page top↑
--ついに読破しました--

こんにちは。はじめまして。

某セミナーにて土井英司さんから“皆さん(当然)読んでらっしゃると思いますが・・・”と言われて一念発起し、GWに読破しました。

大学で社会学を学んでいた時の興奮が蘇りつつビジネス現場のシーンがたくさんプレイバックするという、エキサイティングな一冊になりました。これは確かに必読ですね。

マインドマップも大変参考になります。小生もブログを書いているもので、TB貼らせていただきます。よろしければ寄って行って下さいね。ではまた。
by: プチファイ! * 2006/05/07 00:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hendoku.blog9.fc2.com/tb.php/165-c268368b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。