ビジネス書評 偏毒のお勧め

生き方
経営全般
起業・成功哲学
環境問題
政治・経済・株式
文学(SF等)・マンガ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
珠玉の言葉
2005 / 05 / 11 ( Wed )
十二国記
著者:小野不由美
お勧め度 ★★★★★

はじめてこのシリーズを読んだのは、たぶん高校生の時だったと思います。
「月の影 影の海」の上下巻と「風の万里 黎明の空」の上下巻を読んで読むのを止めました。
その理由は、あまりにも十二国記の世界設定に制約が多く、自由度の無い世界に思えたためでした。

十二国記では、こことは別に十二個の国がある別世界があり、そこの王は麒麟という神獣が決めます。どんな人でも麒麟が王だと認めれば、その人が王となります。
王は良い政治を行えば何百年でも生きますが、悪い政治を行えば数年で死んでしまいます。
王がいない国には、嵐や日照りが起こり、妖魔がはびこり、国は荒れていきます。
さらに、王は他国を侵略してはいけない等のいろいろな制約が設けられています。
そういった制約の多い世界でした。

しかし、ストーリー的にはとても面白かったです。
例えば「月の影 影の海」では、主人公の女子高校生の陽子が、ケイキという人物に十二国につれてこられるのですが、途中ではぐれてしまい、何故自分がここにつれてこられたのか?そして、ケイキはどこにいってしまったのか?さらに、何故自分は誰かに狙われないといけないのか?という事がわからないまま、旅を続けていきます。
しかし、徐々に徐々にではあるのですが、謎が解けていきます。
そして、最後にケイキが陽子の前でヒザをつき、頭をさげ「天命をもって主上にお迎えする。御前を離れず、詔命に背かず、忠誠を誓うと誓約申しあげる」と言った場面を読んだ時には体中の毛が逆立つような感覚にうたれました。

しかし、さきほども言ったとおり、自由度の無い世界がつまらなく感じて、読むのをやめてしまいました。

それから、十数年たち、たまたまチャンネルサーフィン中にNHKで十二国記のアニメを見たのが、十二国記との再会でした。アニメ化されてるなんて知らなかったという驚きと、あれ? これって、人の器について書かれているのでは? という驚きがありました。
そうなんです。この作品はファンタジー小説という分類に入るのですが、いたる所に人の器を大きくするための珠玉の言葉が散りばめられているのです。
  
例えば「責難は成事にあらず」や「他者に対しては礼を持って接する。・・・・・するもしないも本人の品性の問題で、それ以上のことではない」、「報われれば道を守ることができるけれども、報われなければそれができない。そういう人間をいかに信用しろと?」等の珠玉の言葉が沢山あります。

それを知ったので、全部読みました。
いま確か、11冊位出ているのですが、全部読みました。
読んでみて、小野不由美さんはすごいと思いました。なんで、こんなに凄い言葉を書けるのか、尊敬してしまいました。
 
すごくお勧めの本です。
中でも「月の影 影の海」「風の万里 黎明の空」「図南の翼」「黄昏の岸 暁の天」
「華胥の幽夢」
がお勧めです。


●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
20050511205610.jpg


ランキングへの投票お願いします^^

どんどん、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
スポンサーサイト
文学(SF等含)・マンガ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<エモーショナルマーケティング その1 | ホーム | 書名と内容ちがいます><>>
コメント
----

てつさん、こんにちは!
<本棚からしあわせを運ぶ>本棚の魔女さんです。

先ほどは、やさしい言葉をありがとうございました。(^^)
魔女さん、「十二国記」の旅はまだ途中なんですが、そうそう、また読もう♪という氣になりました。
てつさんがいいとおっしゃってたシリーズのもの(結果的にそれ以外も)たくさんTBさせていただいちゃいました。(^^ヾ)
「『十二国記』のテーマのひとつは、“居場所のないこどもたち”と書いた『東の・・・』の回の反響がわりと大きかったのですが、てつさんは・・・?
by: 本棚の魔女 * 2005/07/28 23:47 * URL [ 編集] | page top↑
--いらっしゃいませ^^--

本棚の魔女さん
こんにちは
コメントありがとうございます。
十二国記は、本当にお勧めですね^^。
また、遊びにきてください。私も遊びにいかせていただきます。よろしくお願いいたします。
by: てつ * 2005/07/29 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hendoku.blog9.fc2.com/tb.php/44-639b059d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。