ビジネス書評 偏毒のお勧め

生き方
経営全般
起業・成功哲学
環境問題
政治・経済・株式
文学(SF等)・マンガ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
斉藤一人さん哲学 その1
2005 / 06 / 04 ( Sat )
斉藤一人の百戦百勝
著者:小俣貫太
お勧め度 ★★★★★

著者は、銀座まるかんの販売代理店・株式会社78パーセント代表取締役の方です。
銀座まるかんとは、「スリムドカン」で有名な、かつ1993年以来、全国高額納税者番付(総合)の10位以内にただひとり毎年連続して入っている斉藤一人さんの会社です。(2004年は一位、2005年は四位)
小俣さんは、幼少の頃から斉藤一人さんと接し、生き方や物事の考え方について様々な教えを受けてこられたようです。

この本は、斉藤一人さんの "ちょっと違うものの見方" を著者の小俣貫太さんが紹介している本です。

まず、斉藤一人さん関連の本を見ると、「商人ってカッコイイ」と思います。
次に斉藤一人さんの人生観というか世の中の見方って、随分とほかの方の見方と変わっているような気がします。
たとえば、「困ったことは起こらない」、「失敗はなくて成功だけ」、「間違った道には困難ばかり」、「買ってもらうのに頭を下げるな」などです。最近はやっと「買ってもらうのに頭を下げるな」と同じ事をみんなが言い始めてきましたが、斉藤一人さんは昔からそう言っていたみたいです。こういう所がすごいですね^^。
それから、「自分が間違った考え方をしていると、試練で苦しむの。その考え方を変えれば、必ず困難は解決するんだよ。だから、安心して『自分が間違った考え方をしていないか』、そう考えればいいの。そうすれば、いつも楽しく、幸せでいられる。」とも言っております。とても、良い気づきをもらえました。斉藤一人さんありがとうございます。

そして、「商いとは飽きないこと・・・・・あんたが飽きていなくても、お客さんが飽きてるの。あんたが飽きるとか飽きないとか、そんなことはどうでもいい。大事なのはお客さんが "飽きない" ことなんだよ」、「商売をはじめる時には1円も使うな」、「金を出すな知恵を出せ」、「商品に本当に惚れこむ」といった、日本一の商人である方ので商売哲学が、たくさん書かれております。

それから、やはり斉藤一人さんも「素直さ」と「謙虚さ」が大事だとおっしゃっています。逆に「どこかで威張ってしまって、『自分は偉いんだ』と思ったとき、必ず判断が狂う。」ともおっしゃっています。斉藤一人さんという大商人でさえ、こういう姿勢でいらっしゃるのであれば、私などもっともっと素直で謙虚に生きないといけないなーと反省しました。

この本には、とってもとっても紹介したい言葉がたくさん、たくさんあります。しかし、全部紹介するときりがないので最後にあと3つだけ紹介して終わりにしたいと思います。後は本を読んでくださいね^^
「男の精神には白か黒かしかない。何かあると、白なのか黒なのかはっきりさせないと気が済まないの。・・・・。戦争を起こすのも男。歴史的に見ても、女性が戦争を起こしたのは極めて稀なんだよ。でも、女性の精神には白と黒だけじゃなく、グレーゾーンがあるんだよ。白でもなく黒でもない中間があるの。つまり、このグレーゾーンの分だけ精神の容量が男より大きいということなんだよ」、「何よりも笑顔でいることが大切です。・・・・笑顔のままで暗い言葉を遣ったり、嫌なことを考えることは難しいものです。・・・・少々強引にでも顔の筋肉を笑顔になるよう動かしていれば、そのうち心のほうも明るく変わってくるということなのです。」これ試しましたが、本当です。「人間的に豊かになるには、だれかに会うか、だれかが書いた物を読むしかありません。自分以外の人の、様々な人生を味わっておかないと、人情の機微がわからないということです。」
私は、いままで人に会うよりも本を読む事の方を優先してきていました。これからは、人にもっともっと会っていきます。本もフォトリーディングを使用して今まで以上に読んでいきます。

とても良い気づきが沢山ある本でした。たくさん良い気づきがありすぎて、全部を実行するのはすぐには無理ですが、一つずつ楽しんで実行していきます。


この本に興味がある方はこちらから

●この本のマインドマップ(画像をクリックすると少しだけ大きくなります)
20050604021146.jpg


ランキングへの投票お願いします^^

どんどん、コメントとトラックバックしてください。お願いします。


イーブックオフ お客様登録キャンペーン中!
ニンテンドーDS Liteなどが合計503名様に当たるプレゼントキャンペーンを中です。

今すぐ、ご登録ください。  キャンペーン期間:2006.3.1~2006.3.31
本を売りたい方はこちらから登録

本を買いたい方はこちらから登録 1,500円以上お買上げで送料無料!


♪~♪~♪ 無料 ♪~♪~♪
FC2無料ブログ 開設はこちら>>>

♪~♪~♪ 小遣い稼ぎに ♪~♪~♪
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、
 エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう
▼2800社以上の広告主の中から、
 ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
スポンサーサイト
起業・成功哲学 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<落下する夕方 | ホーム | アメリカと日本はこのままでいいの?>>
コメント
--ありがとうございます。--

てつさんコメントありがとうございました。アドバイスどおりトム・デマルコの「ゆとりの法則」と小阪裕司の「仕事ごころにスイッチを!」読んでみます。
by: jissen * 2005/06/04 09:02 * URL [ 編集] | page top↑
--彼も似たような事を言っていました--

 「少々強引にでも顔の筋肉を笑顔になるよう動かしていれば、そのうち心のほうも明るく変わってくるということなのです。」
 ジェームススキナー氏も「天井を見ながら鬱を感じる事は出来ない」と言っていました。
 ヤッパリから元気でも周りに振り撒けば、本当に元気になるんですね^^
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hendoku.blog9.fc2.com/tb.php/64-6e6ff3b2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。